ベストな治療を受けるために・安全なカイロプラクターの指標とは     



スタッフ

WFC:世界カイロプラクティック連合 によれば、カイロプラクティックは世界90ヵ国以上に普及し、先進国
中心に44の国と地域で「 脊椎ヘルスケアの専門職 」として確立しています。 例えば 資格や業務範囲などが法律
により整備され、X線撮影を含めた診断権などが認められています。  

このように、カイロプラクターは脊椎の健康管理を行うにあたっての「 専門的な教育を受けた者 」を指しますが
日本においては法制化が遅れているため、 誰もが自由にカイロプラクティックを自称し 施術が行われているのが
実状です。そのため、カイロプラクティックの看板のみでは 本質の治療に至る根幹部分( 施術者の修めた教育・
そして診断と治療のレベルが国際的に標準か否かが不明確で 信頼性に関わる「 専門性を背景とす安全な施術
それ基づく有効性(意義)」に対する認知度は、海外のそれに比べると大きな落差が存在します。




スタッフ

こうした現状も踏まえて、WHO(世界保健機関)は規範となる望ましいカイロプラクティック教育のあり方
して「カイロプラクティックの基礎教育と安全性に関するWHOガイドライン」を 2005年に発行しました。

WHOはこのガイドラインを各国政府に発表( 10ヵ国語以上 / 翻訳 )しており、日本においても世界的に承認
された「 正規の教育 」によってカイロプラクティックが普及・定義されることを推奨しています。




スタッフ

WHOが推奨する教育基準には、安全かつ効果的な治療を行うにあたっての「必須カリキュラム・修得単位数など」
定められ、カイロプラクティック・プログラムを提供する各国の教育機関を定期的に調査し、その教育内容の質
保証する制度も確立しています。この認証業務は世界 4つの地域のCCE(カイロプラクティック教育審議会
諮問機関として担当しています。各CCEの連絡協議会はCCE-I(インターナショナル)です。




スタッフ

現在、日本においては東京カレッジ・オブ・カイロプラクティック(元RMIT大学:カイロプラクティック学科
日本校)が、アジア地域を管轄するCCEA(太洋州カイロプラクティック教育審議会)による国際認証を取得・
更新しており、各国のカイロプラクティック大学と同様「正規の教育機関」としてその水準を維持しています。




スタッフ

多くの国では国家試験をパスした後に カイロプラクターは「 有資格者 」として登録され、法的規制の範囲内で
カイロプラクティックの臨床業務が行われています。

各国と同様に、日本においても受験者の能力を「第三者機関による評価」によって認定される必要性が認識され
受験対象者を「 WHOが定める基準(教育)を修了した者 」と設定し、JCR:日本カイロプラクティック登録機構
が実施する「 JCR-試験 」合格者の登録作業が行われています。




スタッフ

日本カイロプラクテイック登録機構が行う「JCR-試験」は、カイロプラクターの世界的な評価基準となっている
「IBCE:国際カイロプラクティック試験委員会」によって作成された試験問題により実施されます。

IBCEは、「 NBCE:全米カイロプラクティック試験委員会 」の支援のもとに設立された組織で、法律がまだ確立
されていない各国のカイロプラクティック登録機関に対して国際水準レベルに則した試験問題を提供しています。
安全なカイロプラクターを選ぶ基準を示す事を目的とし、「JCR登録者名簿」は 定期的に厚生労働省へ提出され
「JCR:日本カイロプラクティック登録機構」ホームページより一般公開しています。

 




日本カイロプラクティック登録機構が実施する IBCE提供の「 JCR-試験 」は、上記で述べた 目には見えない
カイロプラクティックの本質となる「施術者の修めた教育・診断と治療のレベル / 臨床能力」を世界容認
される基準評価する我が唯一試験となっています。

米国のカイロプラクティックは州資格のため、日本の国家試験に値する 全米共通の「 NBCE 」による試験を
合格した後に、各州の開業試験を受けるシステムになっています 。




■ 世界的に見たカイロプラクティック

スタッフ

  現在、カイロプラクティックは先進国を中心に世界的な広がりを見せ、保健医療 ( ヘルスケア )の専門職
として 「 不定愁訴の改善・スポーツパフォーマンスの向上・健康寿命の延伸・労災補償の削減など 」 に貢献
しています。発祥国の米国を見てみると「過去5年間では 6.200万人 / 年間に 3.550万人」が受診(Gallup 社.
2016年調べ )するまでに成長し、国立:補完統合衛生センター の助成による「 カイロプラクティックの研究
開発センター:PCCR 」も設立しています。PCCR やカイロプラクティック大学内の研究室では、主に「 基礎
研究や臨床研究・作用機序 」に関する研究プロジェクトなどが進んでおり、米国連邦政府 : 厚生省ヘルスケア
政策局の「 成人の急性腰痛治療ガイドライン」をはじめ、各国の政府調査においても有効性が示されています。


  こうした背景により、カイロプラクティックは世界的に頚部痛や腰痛など(神経筋骨格系)の標準的な治療
の選択肢として認知され、特にスポーツ分野では国際レベルの 9割以上のアスリート達が「 怪我の予防・競技
能力向上のため 定期的なカイロプラクティック ケアを受けている 」と( 運動生理学者 )Sean Atkins Ph.D.
が述べています。主な実績としては、 ニューヨーク・ジャイアンツ や シカゴ・ベアーズが所属する「 全ての
NFLチーム 」の各GAMEへの帯同・サッカーでは「 AC ミラン・コンディショニングセンター 」の設立などが
挙げられ、 その他 30球団で構成される メジャーリーグ(MLB)・ ゴルフ: PGAツアーなどの「 多くの公式
スポーツ競技 」や「 オリンピック & パラリンピック総合診療所(ポリクリニック)」などで活躍しています。



スタッフ